Ads AdMediator

序章 『日本で AdMediator を利用している人の数を知りたい』 の巻

投稿日:

 かなり個人的な趣向というか 本当にただ単純に知りたいことが 上のタイトルです。

 確実に技術レベルとかいう以前のレベルの低さでありながら 「Windows Phone 好き」 であることから Visual Studio をいじってみたりしているわけですが...(Visual Studio は 個人で利用する場合には無料の Community Edition というものがあります。 これで作成したアプリをストアに登録することも可能ですが、その場合は 開発者登録で 2,000円弱くらいかかります。 以後は特に費用はかからない、と思う)。

 ちょっとしたアプリを作成した時に何の気の迷いか 「広告を入れて収益を上げるゾ!」 などと不埒なことを考えました。 そんな時に、Microsoftが提供している広告モデル 「AdMediator」 というものが目に留まりました現在は 「Microsoft Universal Ad Client SDK 」 が正式名称)。

話を聞いたぶんにはかなり簡単にアプリに広告を挿入できる、しかも天下の Microsoft 提供! これはイケる!!!と思ったのでした、が...。 思わぬ事態に巻き込まれるのでした。 - つづく


 ところで、この「AdMediator」、日本で利用している開発者さんはどれくらいいるのでしょうか? Twitterの検索(最近ちょっと あえて Twitterで検索することにハマってます)で調べる限りではホンの一握りの人が何個かコメントしているだけのようです。 ユーザー数が少ないので、その中でさらにアプリを開発している人口となるとかなり少ないことも容易に想像はつきますが...。

 ちょっとため息つかせてください、はぁ。 話のつづきは次回以降なんですが、今後の展開は 『とにかく今 Windows Phone (Windows 10 Mobile) が置かれている状況がつぶさに把握できてしまう内容』 になっています、ご期待しないでください(トホホ)。

 ということで、つづき の 『AdMediator てん末 前編』 です。

リンク
AdMediator (Microsoft Universal Ad Client SDK)

 このリンク先の「レビュー」の欄を見るとちょっと雰囲気が分かるかもしれません...(汗)










-Ads AdMediator

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AdMediatorの名前が変更

 AdMediatorのSDKの名前が 「Microsoft Universal Ad Client SDK extension」 から 「Microsoft Store Engagement and …

『AdMediator 顛末』 - 前編

前回のトホホ のつづきです。  ヘボアプリに、とにかく広告を載せてみたい (「ちょっとでも稼ぎたい」という思いが無かったといえばウソになるけれど、基本的には どういう仕組みでこの広告プログラムが動くの …

Visual Studio 2015 で Windows Phone アプリに AdMediator を追加する手順

自分が意外と手こずったので、メモ代わりに書き残しておきます。 あらかじめ Microsoft での 開発者登録を済ませて、 Visual Studio 2015 はインストールされているという前提でヨ …

『AdMediator 顛末』 - 後編

後編です。  前回の「広告が表示されない」件について自分もいろいろ悩みつつ、以下の展開へ。 Microsoft(MSDN)の質問サイトで問い合わせることに  そういえば 「Microsoftにも質問の …