Windows Phone Fan ?! Blog.

Windows Phone も、そろそろ終わりになりつつあります…

未分類

フルUWP は Microsoftのスマホ向けアプリの秘策か?!

投稿日:

 ツイッターで知った(教えてもらった)この記事、Windows Centtralの 『Microsoft’s Office apps for Android, iOS include surprising ties to Windows API』 というものです。

 読めばよむほど「コレって すごい事かもしれない」と思ったので、ちょっとブログに書いてみました(最近、Insider Previewも無いし…)。

 まず上の記事のタイトルなんですが、直訳してみると『iOS、Android向けのOfficeアプリにWindowsのAPIが使われている』って感じです。 読み進めると、iOS、Android向けのOfficeアプリをリバースエンジニアリングした人が見つけた興味深い内部構造について書かれています。

OfficeアプリにWindowsの「レジストリ」構造が入っている、描画にはDirect XのAPIが使われている

 これって結構 驚きますよね。 新しいブリッジツールが密かに作られているかもしれない、しかもそれは既存の Win32向けアプリをポーティングしてシッカリ動く! という推測になるワケです。
 なお、この記事では Xamarinの限界についても軽く触れられています

Xamarin, a powerful cross-platform tool which Microsoft bought last year, is pretty infamous among developers for its poor performance, because running the same code on completely different platforms is not an easy task.
(昨年 Microsoftが買収した Xamarinは、パワフルなクロスプラットフォームツールだが、開発者の間ではあまり有名ではない。 また1つのコードで異なるプラットフォームで動かすことは容易ではなく、パフォーマンスも振るわない)

 既存の Win32プログラムを持ってる人にしてみれば UWP向けに1からアプリを作り直さなければいけないことも開発者を取り込めていない原因かも?とも書かれていたり…

従来のデスクトップアプリの開発者がそのまま フルUWPアプリを作成できる時代に?!

 結局コレにいきつくのか、というところ。 従来のWindows向けのデスクトップアプリを作ってる人がそのまま Porting Tool を利用することで iOS、Android向けのアプリも作ることができて、描画にはDirect Xも利用可能。 となると一般の業務アプリ等のほかに ゲームアプリなど高速な描画が必要になるアプリも将来的には Direct Xで可能になるのでは?と記事には書かれています。

既存のワン・コード、フル・プラットフォーム

 とにかく今 Windowsのストアアプリがガラガラ、UWPアプリの開発者が増えている気配がない。 という状況を見るに、Microsoftも とうとう重い腰を上げて「従来のデスクトップアプリのプログラムがあればストアアプリにできますよ」という仕組みを作り始めたのではないかというところです。

 「え?でもそれって Project Centennial じゃない? もうあるじゃん!」と思った方もいるかもしれません。
 でもこれは、「とりあえずストアアプリとして並べることができるようになるツール」ではなく、そこから一歩進んで 「iOS、Androidでも動く(たぶん Windows 10 Mobileでも動く)アプリになるポーティング・ツール」ということになります。 それを Windows Central の記事では full UWP と呼んでいるようです。

 2017年6月現在、Windows 10 Mobileも実質的に「仕切り直しするのでは?」と言われているタイミングなので、やるならばこれと同じタイミングで新しいポーティング・ツールが出てくるようにも思います。

 かなり新しい驚き(本当にこれが戦略として進められていくなら Ultimate と言えると思います)と、同時に今がんばってる人を切り捨てるかもしれない無慈悲さを併せ持ってるよう (Xamarinを置き換えてしまうわけだし…) で嬉しいのか悲しいのか難しいところです。
 でも、Win32アプリは既存のものが大量にあるので、これをコンパイルしなおすだけで(実際はいろいろ大変とも思うけど) iOS、Android向けのアプリとしても機能する「フルUWP」アプリになれば興味を持つ人の数はかなり膨れ上がるのではないでしょうか?

 従来のUWP(Universal Windows Platform)については(Project Centennialの場合 Mobile向けには動かないアプリになってしまうので)「どこがユニバーサルやねん!」という意見も散見されていたので、フルUWPになることで「これがユニバーサルだ!」と言えるようになりそうです。

 ワン・コードはワン・コードでも、”既存の” ワンコード ってところが一番大事なキーワードになりそうです。

おわりに

 とはいっても、これはあくまで Office アプリの中身を見たら WindowsのAPIが使われていた、という話から膨らんだ内容なだけの話でもあります。 これからどうなっていくのかはやはり時間を待たないことには分かりません。

リンク
Microsoft’s Office apps for Android, iOS include surprising ties to Windows API – Windows Central


ads




ads




-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Forever 21 の通販で 服を買ってみた話

 最近ちょっと読書づいています。 今も複数の本に手を出しているのですが、その中の1冊『パクリ経済』という本で初めて<Forever 21>という企業を知りました。  まだ最初のほうしか読んでないのです …

ジョギング備忘録

 ほぼ「自分のための記録」です。 慢性的な運動不足もあって、久しぶりにジョギングを再開しようと思い立ち走り始めました。 2018年 ・9月22日 500m  とにかくこのウン年間やっていなかったことを …

『Surface Phone』 について勝手に想像してみた。

 Surface Phone 早ければ今年中に発表があるようですが、今までに出ている情報やいろんなページを読み歩いて、そこに自分なりの考えを足してみながら いろいろ勝手に想像してみました。 CPU が …

so-net の 0 SIM に入った話

 なんとなく、なんとなく何かを買いたかったんです(汗)。  で、普段利用しているSIMのモバイル通信も 500MB ~ 700MB/1カ月 くらいなので、2枚もSIMカード要らないんだけど、いろいろガ …

はじめまして WP

 Windows Phone の面白さに目覚めて、WPユーザとなってそれなりの期間になります。  ふと、アプリを作って遊んでみようと思い立ち、同時にブログも始めました。 ということで、よろしくお願いし …

ads




2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031